優秀な素材|工場に必要不可欠な中古パレット~プラスチック容器のリサイクル~|recycle.container

アルミ鋳物で作られるアイテム【生産過程を知っておこう】

優秀な素材

アルミ

飾り付けから小物までアルミ鋳物でバッチリ揃う!

鋳型にアルミを流し込んで作られたもののことを、アルミ鋳物と呼んでいます。鋳型さえ作ることができれば、飾り付け用のインテリアグッズも普段使いをする小物アクセサリーも、何でも作ることができます。手作業では作りにくいものまでバッチリ揃えられるので、今大注目されている手法です。

気になる鋳物の生産工程をチェック

まず何はともあれ鋳型を作るところから生産が始まります。鋳型は砂を固めて作ることもあれば、金属で作ることもあります。大量生産をするなら金属で作るのがいいですが、単品を作るなら砂型でも十分です。鋳型が完成したら、アルミを溶解させて鋳型に注ぎ込みます。凝固するのを待って、鋳型を破壊しアルミを取り出します。その後、砂落としをしたり不要な部分をカットしたり、さらにバリがあればそれも取り除きます。最後に品質検査をして完成となります。

特殊な鋳造法があるんです

アルミダイキャストという特殊な鋳造法も登場してきました。この手法は昔はなかったものですが、メリットが大きいということで、今ではかなりメジャーなものになってきています。この手法で作られたアルミ製品は耐久性にも優れ、その上ミリ単位の精巧さを持っています。車のアルミパーツなどは、多くがこの手法を使って作られていますね。溶かしたアルミを砂型に流し込むのではなくて、特殊な機械を使って金型に圧入をします。生産性に優れている点でも、従来の手法より優れていると評判です。

アルミ鋳物は、生活の中で便利に使えることが多いです。複雑な造形のものも安価に作れるということで、様々な製品が生み出されています。通販でそうした製品は購入できますから、上手に利用して生活の利便性を上げていくといいでしょう。